失敗しない医学部予備校の選び方!大手予備校との違いや学費相場なども分かりやすく解説!

このサイトでは、失敗しない医学部予備校の選び方などを紹介しています。
大手予備校との違いや学費の相場、医学部の予備校に在籍しているチューターや講師との違いなどを解説していて、違いなどを知ることによって自分に合ったところを選びやすくなります。
大手予備校と医学部受験に特化した専門予備校から選ぶことができ、志望大学によって選び方が変わります。
また、指導内容の違いや学費なども大きく変わってくるため、どのような違いがあるのかを知っておくことが大切です。

失敗しない医学部予備校の選び方!大手予備校との違いや学費相場なども分かりやすく解説!

医学部予備校に選ぶ際は特徴を知ることで失敗しない選び方ができます。
医学部を目指す受験生は、大手予備校の医学部コースまたは医学部受験に特化した専門予備校に通うことがほとんどです。
選び方としては、志望大学によって選べます。
国公立を目指すなら大手、私立なら専門が良いとされています。
授業は大手は集団授業なのに対し、専門は個別指導・少人数制という形が多いです。
また、大手の学費相場は約100万円程度、専門は約500万円以上ほどとなっています。

医学部予備校と大手予備校の医学部コースの違いとは?

医学部受験を目指すにあたり予備校に通うことを検討しているものの、医学部受験に特化した専門予備校と大手予備校の医学部コースの違いが分からないという方も多いかと思いますが、これらは指導内容や費用に大きな違いがあります。
大手予備校では、他の生徒と一緒に集団で受業を受ける形式が一般的ですが、医学部予備校では個別指導もしくは少人数制の授業であるケースがほとんどです。
また、講師一人が担当する生徒が少ないだけでなく、授業を行う講師陣はアルバイトではなく医学部受験に精通したプロであるケースが大半です。
カリキュラムについても生徒ごとに組まれ、学習の進捗具合に応じて学習計画をその都度変更していくという特徴があります。
このように、医学部予備校は生徒数が少ない、講師の質が高い、サポートが手厚いといった特徴があるため、費用はどうしても高額になります。
大手予備校の学費は100万以下が相場ですが、医学部予備校は500万円以上かかるケースも少なくありません。

医学部合格に向けて医学部予備校を選択するメリットとは?

医学部受験に特化した専門予備校と大手予備校の医学部コースにはそれぞれ一長一短がありますが、医学部予備校の最大のメリットは手厚いサポートが受けられることです。
医学部予備校では、生徒一人ひとりの学力に応じたカリキュラムが組まれた上で、医学部受験に精通したプロの講師がプロの講師がマンツーマン、もしくは少人数体制で指導を行うのが一般的です。
講師と生徒の距離が近いためいつでも質問することができますし、使用するテキストも各大学の入試を分析した内容となっています。
また、医学部受験では小論文や面接が課されるケースが多いですが、医学部予備校では卒業生に小論文や面接の内容を確認した上で対策を行っています。
小論文や面接の内容は一般公開されていないため、自分一人では中々対策するのが難しいものの、医学部予備校であればしっかりと対策することが可能です。
このように、医学部受験に特化した専門予備校では手厚いサポートが受けられるので、志望校合格に向けて効率的に学習を進めることができます。

医学部予備校にはデメリットもあるので注意しよう!

医学部受験に特化した医学部予備校は、大手予備校の医学部コースと比べて手厚いサポートが受けられるため、志望校合格に向けて効率的に学習できるというメリットがあります。
一方で、手厚いサポートが受けられる分、費用は高額です。
各予備校で差はありますが、大手予備校の医学部コースの場合は年間の授業料が100万円以下であるケースが大半ですが、医学部予備校の授業料は年間で300万円以上かかるのが一般的です。
場合によっては700万円近くの費用がかかるケースもあるので、この点は十分に理解しておく必要があります。
また、再受験生には向かない可能性があるのもデメリットのひとつです。
医学部を受験するのは現役生や浪人生だけでなく、社会人になってから医師を目指す再受験生も少なくありませんが、医学部予備校では基本的に現役生や浪人生向けにカリキュラムが組まれます。
ただし、予備校によっては再受験生向けのコースが設けられているケースもあるので、社会人の方が医学部を目指す場合は再受験生向けのカリキュラムが提供されている医学部予備校を選ぶと良いでしょう。

絶対に医学部に合格したいなら専用寮が設けられている医学部予備校がおすすめ

医学部受験をするには、各大学の傾向に合った試験問題や、小論文、面接などの対策をしなければなりません。
それらの情報集めにも多くの時間が必要で、とにかく医学部受験をする年はそれ以外のことは一切しないくらいの気持ちで立ち向かう必要があります。
しかし、それを妨げる誘惑が自分の周りにはたくさん存在します。
テレビや漫画、同級生からの遊びの誘い、部活やバイト、これらを自分の気持ちだけで自制し受験勉強に集中できる人は少ないはずです。
そんな時は医学部予備校の専用寮を利用するのがお勧めです。
その理由はいくつかあり、一つ目は寮に入る生徒の全てが医学部受験をする生徒なので誘惑が少なくモチベーションアップもしやすい点です。
一般的な一人暮らしと異なり近隣トラブルも起こりづらく、安心して生活できます。
二つ目に家具備え付けや食堂、食事の提供があることです。
楽しい新生活を始めるわけではないので、すぐに受験勉強に取り掛かれる環境として、必要なものが用意されているのがメリットです。
三つ目に医学部予備校に近く、寮以外でも勉強に集中できる状況が整っている点です。
通学の煩わしさもほぼ無く、時間を節約できるのもお勧めの理由です。

医学部予備校に関する情報サイト
医学部予備校の選び方

このサイトでは、失敗しない医学部予備校の選び方などを紹介しています。大手予備校との違いや学費の相場、医学部の予備校に在籍しているチューターや講師との違いなどを解説していて、違いなどを知ることによって自分に合ったところを選びやすくなります。大手予備校と医学部受験に特化した専門予備校から選ぶことができ、志望大学によって選び方が変わります。また、指導内容の違いや学費なども大きく変わってくるため、どのような違いがあるのかを知っておくことが大切です。

Search