医学部予備校の学費相場はどれくらい?

医学部予備校の学費相場はどれくらい?

医学部予備校は、一般的な予備校と比較すると学費が高いことに注意が必要です。
教材費やサポート料、講習参加料などをすべて含めた学費相場は、大手の一般予備校に設置されている医学部コースが100~150万円程度なのに対し、医学部予備校は300~600万円程度といわれており、大手予備校の数倍にもなります。
国公立大学に通わせるのに必要な学費と同等かそれ以上の費用がかかるため、医学部予備校に入りたい場合は学費の確保の仕方をよく考えておかなければなりません。
ただし、この負担は工夫をすることで軽減させることができます。
例えば、特待生制度を導入している予備校なら、成績などの要件を満たすことで応募することができ、審査に合格すれば在籍中の費用負担を大きく抑えられます。
また、単科講座が設けられている医学部予備校だと、苦手にしている科目だけを受講することで出費を減らすことか可能です。
予備校によってはこの他にも方法が用意されている場合があるので、費用負担を少しでも抑えたいのであれば検討してみましょう。

医学部予備校の学費が高額に設定されている理由とは?

医学部予備校の授業料は、大手予備校の医学部コースと比べて高額で、年間に300~600万円ほどかかるのが一般的です。
大手予備校の医学部コースは100万円以下が相場なので、なぜここまで学費に差があるのかという疑問を持っている方も少なくないでしょう。
医学部予備校の学費が高い理由はいくつかありますが、まず挙げられるのは講師の人件費です。
大手予備校では大学生などのアルバイトが講師を務めているケースが多いですが、医学部予備校の講師は正社員であることが多いです。
加えて、大手予備校とは異なり、マンツーマンもしくは少人数体制で授業が行われます。
講師一人が担当する生徒数が少ないので、どうしても講師にかかる人件費は高くなり、その分が授業料に上乗せされているのです。
また、医学部予備校では生徒一人ひとりに自習スペースが与えられているのが一般的です。
快適な休憩室や食堂などが設けられているケースもありますが、設備面が充実しているほど施設利用料は高くなるので、自ずと学費も高額になります。

医学部予備校に関する情報サイト
医学部予備校の選び方

このサイトでは、失敗しない医学部予備校の選び方などを紹介しています。大手予備校との違いや学費の相場、医学部の予備校に在籍しているチューターや講師との違いなどを解説していて、違いなどを知ることによって自分に合ったところを選びやすくなります。大手予備校と医学部受験に特化した専門予備校から選ぶことができ、志望大学によって選び方が変わります。また、指導内容の違いや学費なども大きく変わってくるため、どのような違いがあるのかを知っておくことが大切です。

Search